シニア向け!
 ドッグフードレビュー(総合栄養食編2)

にいどめ

魔のモード突入後、試しに試したドッグフード。
今回もこれまで片っ端から試してきたドッグフード(主にシニア向け総合栄養食)を覚えている限りに書いていきます。第1弾同様にカリカリフードは1つもなく、「変えた理由」「魔のモード期間中には食べたか」を含めてご紹介します。

なお、「魔のモード」「総合栄養食第1弾」については下記ページをご覧ください。

魔のモードとは

食べなくなる原因
何日まで平気?…etc

総合栄養食part.1

総合栄養食って?
ロンの基本的な好き嫌い
全9種類レビュー!…etc



MARS

ペディグリー(ビーフ&チキン&緑黄色野菜・13才以上)

最も有名なドッグフード缶(勝手な見解)。
年齢指定のないノーマルフードであれば、ペットショップに限らずドラッグストアー・食料品売り場などでも見かける商品です。こちらも1缶の内容量はトレイタイプと比べてかなり多めの400g。

13歳以上用の味は3種類(ビーフ・ビーフ&緑黄色野菜・ビーフ&チキン&緑黄色野菜・チキン&緑黄色野菜)あり、我が家は「ビーフ&緑黄色野菜」を購入しました。肉はローフタイプで、野菜はスプーンで軽く押すと潰れるほどやわらかくなっています。なお、野菜の匂いは肉の匂いで消えているので全く気になりません。

↓画像クリックでamazonへ↓

<13才以上用>

形状… 缶
原産国… オーストラリア
香り… 肉+Theドッグフード
食べた期間… 1回
魔モード中… 食べない

← 400g×24缶

ロンが意外にTheドッグフード臭のフードも食べると判明し、買ってみた缶シリーズ。パウチver.は前回の記事にも書いた通り食べずに終わったので、缶も同じ結果を予想しつつ購入…。しかし『ヘルシーステップ』同様に興味深そうだったので、同じように指で掬って差し出してみたところ食べました!

変えた理由

[ 食べなくなったから ]
1/4くらい食べたところで「また夜に食べようね~」と終了させ、予告通り夜に出したところ食べなくなっていました…。気を取り直して明日!と翌日に出してみても食べず。明後日でも食べず…。いよいよ店舗で購入できるウェットフードが尽きてきたので、また少し視点を変えなければなりません…。

同じメーカーで同じ味でも、缶とパウチでは少し違うよう。もしこれまでペディグリー缶を食べてきて「食べなくなっちゃった…」というワンちゃんなら、パウチは期待大かもしれません。ぜひお試しを!

ロイネス

鹿肉

イオンペットで見つけたフードです。
こちらの会社は、7才以上のシニアを対象としたレトルトごはんのみ製造されているよう。パッケージにはシニア犬と一緒に過ごす中で感じている想いがドンピシャで書いてあり、店頭で胸をわし掴みにされました。味は5種類。鶏肉・馬肉・鹿肉・いわし・白身魚。「牛肉があればいいのになぁ」と思いながら今回はこれまで食べさせたことがない「馬肉」と「鹿肉」を購入。鹿肉のみ開封したので、鹿肉のレビューとなります。

↓画像クリックでamazonへ↓

<鹿肉>

形状… パウチ
原産国… 日本
香り… キャベツ等の野菜
食べた期間… なし
魔モード中… 食べない

← 8g×15袋

開封してまず感じたのは、キャベツの香り。それ以外の野菜の香りも混じっているはずですが、私の鼻にはとにかくキャベツの香りが強いように感じました。肉も野菜も原形がないくらい潰されているので、食感としてはかなり食べやすそう。なお、鹿肉の匂いはキャベツの匂いで消えて全く感じません。

変えた理由

[ 食べないから ]
ロンは野菜の中でもキャベツが特にダメ。なので受け付けませんでした。ならば鹿肉を糸口に!とパウチ袋の中を探るも、しっかり野菜と一緒になっているので叶わず…。別で用意した牛ミンチをトッピングしてみても×。未開封の馬肉もおそらく同じだろうと想像し、寄贈しました。

キャベツを食べられるワンちゃんなら食べる可能性大!価格は決して安くありませんが、シニアの身体を配慮した野菜たっぷりのとても良いフードに感じました。

アニモンダ

フォムファインステン ディッシュ(アダルト)

療養食でも有名なアニモンダ。
こちらは通常のフードで、アダルトのみ発売されているディッシュシリーズです。「ディッシュ」の表記がない『フォムファイン』より、少々タンパク質が控えめ。私が今回購入したのは「牛・たまご・ハム」味です。3種購入したわけでなく、これで一つの味。ちなみに私が見た店頭では全種類確認することは出来ませんでしたが、味は全6種類あるようです。

↓画像クリックでamazonへ↓

<牛・たまご・ハム>

形状… トレイ
原産国… ドイツ
香り… 鶏+Theドッグフード
食べた期間… なし
魔モード中… 食べない

← 150g

少し割高ですが、日本のトレイタイプと比べてやや大きめ(内容量が多め)です。肉質はローフタイプで、上辺に僅かな半透明のゼリー層が。『たまご・ハム』という日本のフードではあまりに見ない原材料ですが、「…たまご?」という程度で、取り立てて個性的な香りではありませんでした。

変えた理由

[ 食べないから ]
「アニモンダは嗜好性が高い」と聞いていたので期待しましたが…残念。半年ほど前に腎臓病の療法食であるアニモンダを出したことがあるのですが、その際は1トレイ食べきってくれました。けれど今回その腎臓食の方を出しても×。好きで食べていたわけじゃなかったのね…。やはりロンには「このフードが好き!」というのはなさそうです。

毎食食べると少々お財布が痛くなってきそうなフード。それでもフォムファインステン系は種類が豊富で、『シーザー』の次に「食べてくれるかも!?」と期待できるフードになると思います。なにせ「嗜好性の高いアニモンダ」ですから!(ロンは該当しませんでしたが…)

プレイアーデン

ジーベン デリカテッセン(たらとほうれん草)

SIEBENと書いてジーベン。イオンペットで見つけたフードです。
価格は高めですが200gの缶で、なんといってもカラフルでオシャレなパッケージが「なんだか美味しそうな予感!」とワクワクさせてくれます。ホームページを見ると味も種類も豊富な様子。我が家ではこれまで牛肉・鶏肉で玉砕してきたので、今度は魚にしてみよう!と「たらとほうれん草」を購入しました。

こちらの商品は現在amazonで販売されていないようです。ご購入はプレイアーデンのホームページからどうぞ!

↓画像クリックで商品ページへ↓

<たらとほうれん草>

形状… 缶
原産国… ドイツ
香り… 魚介類
食べた期間… なし
魔モード中… 食べない

原材料がタラやイカ・サーモン等ということだけあって、開けた瞬間から魚介の香り!サーモンというより、やはり50%入っているタラの匂いを強く感じました。

ここで少し。
もしかしたら「イカって犬に悪くなかったっけ?」と思われている方がいるかもしれません。けれど犬が注意しなければいけないのは「生のイカ」。プレイアーデンのホームページにも「加熱処理されたイカは愛犬の健康に影響を及ぼすことはありません」と書かれています。

変えた理由

[ 食べないから ]
過去にないフードで期待大!…でしたが一度匂いを嗅いだきり、戻ってきませんでした。ロンは小さい頃に鮭ジャーキーを食べていたので、タラもいけるのかと思いきや別だった…。

決して買いやすいと言える価格ではありませんが、牛肉・豚肉を全く受け付けない時に嗅がせてみる価値はありそうです。これまでと違う香りなので、肉食で攻めてきたワンちゃんの新たな好みを発見できそう!

マルカン

ナチュラハ グレインフリー

パッケージに大きく『グレインフリー』と書かれているフード。
一度は売り場で目に留まったことがあるかもしれません。店頭に置かれている種類は一部のみなことが多いですが、全部で8種類(ビーフ・ビーフ&野菜・ビーフ&チーズ・チキン・チキン&野菜・チキン&チーズ・ラム・ラム&野菜)もあるそう。別で11才・13才・15才用も各2種類ずつあります。私が購入したのは「ビーフ」と「13才ビーフ&野菜」。肉質は粗めのローフタイプでした。

↓画像クリックでamazonへ↓

<ビーフ>

形状… トレイ
原産国… オーストラリア
香り… ややTheドッグフード
食べた期間… 1回
魔モード中… 食べない

← 100g×16個


↓画像クリックでamazonへ↓

<13才ビーフ&野菜>

形状… トレイ
原産国… オーストラリア
香り… ややTheドッグフード
食べた期間… なし
魔モード中… 食べない

← 100g×32個

ぽろぽろと塊肉が見受けられますが、スプーンで割ける程度のやわらかさ。シニア用のフードでなくとも食べやすそうに思います。

変えた理由

[ 食べなくなったから ]
日頃グレインフリー食を購入していなかったので、「何か違えばいいけど…」と購入。なんと「ビーフ」は食べました!けれど1/4だけ…。翌日以降に出しても食べません。ならばと2日後に『13才用』を出しましたが、そちらに至っては全く食べず…!この頃からいよいよロンはガリガリになってきたので、手作り食を始めました。

こちらの商品は店舗でもよく見かけるフード。種類は限定的になるかもしれませんが、これまでグレインフリーを食べさせたことがないワンちゃんのお試しに丁度よいフードだと思います。もし気に入ってくれても、お手軽価格ので続けやすい!穀物アレルギーを持っているワンちゃんだけでなく、日頃お腹の調子が良くないワンちゃんにもおススメです。

ニュートロ

シュプレモ(チキン&サーモン入り)

個人的にシュプレモのパッケージが好きです。
…というのはどうでもいい話ですが、こちらのフードはなんと珍しくサーモンを前面に押し出しているフード!『ジーベン デリカテッセン』はタラメインのサーモン入りでしたが、それよりもサーモンを強く感じられる商品です。中には、ほぼほぼパッケージのイラスト通りの状態で入っていました。中央にあるトマト&にんじんゼリーは固めのゼリーではなく、ジュレのような固さです。

↓画像クリックでamazonへ↓

<チキン&サーモン>

形状… トレイ
原産国… アメリカ
香り… 魚+少し酸味のあるトマト
食べた期間… なし
魔モード中… 食べない

← 100g×6個

ここで私の勘違いをご紹介…。
パッケージを見た時、『イメージ図だろうな』と勝手に解釈して購入しました。『こういう風に盛り付けているけど、サーモンベースの肉にトマト&にんじんを混ぜ込んだフードなんだよ~』と勝手に思い込んだのです…。なので開封後に「トマト・にんじんゼリー」を見た時にはビックリ!野菜嫌いのロンには…きっとダメなやつだ~!

変えた理由

[ 食べないから ]
ですよね~という感想です…。けれど手作り食の一つに『サーモンの素焼き』を出しており、そちらは拒まず食べていたので「もしかしたら…」と期待!していたのですが、薄く匂いを嗅いだ程度で終了。トマト未経験なのでトマトの匂いが苦手だったのかもしれません(ちなみに肉部分だけ出してもダメでした)。

他のフードではビーフやチキン、魚系と言っても白身魚ばかりなので、サーモンメインは本当に珍しいフードだと思います。もしトマトに苦手が意識がなく、鮭好き・サーモン好きならばぜひ試してほしい!加え、低カロリーとのことですので、ダイエット希望のワンちゃんも注目のフードです。

デビフ

プリモデビィ(シニア・ササミ&野菜)

愛用している人も多いデビフ。
小ぶりな缶は目にする機会も多いかもしれませんね。とにかく種類が豊富。しかし全体的にシニア用の物はタンパク質が高め設定に見受けます。

そんな中、『プリモデビィ』はデビフシリーズの中で若干タンパク質が控えめ。全部で5種類(ササミ&野菜・ササミ&さつまいも・ササミ&すりおろし野菜・ササミ&さつまいもペースト・ササミ&野菜ペースト)あります。とりあえず全種類を購入してみました!開封したのは、そのうちの「ササミ&野菜」。肉質はローフタイプというより、そぼろのような小さなお肉がトロッと…ベチャッと入っている感じです。

↓画像クリックでamazonへ↓

<ササミ&野菜>

形状… トレイ
原産国… 日本
香り… ササミ
食べた期間… なし
魔モード中… 食べない

← 95g×6個

綺麗な鶏肉色のお肉は、そぼろ一粒ずつが比較的しっかり形を成しています。しかしこの程度なら十分シニアのワンちゃんでも消化できる範囲。グリンピースの皮は少し残りそうな物もあるので、スプーンの背で潰して割いてあげると良いかもしれません。

変えた理由

[ 食べないから ]
まわりまわって鶏肉に戻ってきた時に選んだフード。あっさりした香りだったのでどうかなと思いましたが、興味すら持ってもらえませんでした…。この頃は夜ご飯の手作り食に「あいびき肉」を使用していたため、もしかしたらあっさりし過ぎていたのかもしれません。

見るからに鶏肉をふんだんに使っているフードでした。『プリモデビィ』全種類には鶏レバーが入っているそうなので、与える側として「貧血対策もしてるぞ!」と目に見えて思えるのはありがたいところ。あっさり好きなワンちゃんにおススメしたいです。

マース ジャパン

シーザー おうちレシピシリーズ

『シーザー』シリーズの個性派フード。
全部で7種類あり、シニア用などの指定はありません。とにかくどれも美味しそうな名前ばかり!その中で我が家が買ったのは、ビーフ寄りで無難そうな味『とろうまビーフ』でした。ローフタイプの肉質は『シーザー』と同じ様子。けれど匂いを嗅いでビックリ!バジルっぽい香草の匂いがすごい!というかその香りしかしない…!!

↓画像クリックでamazonへ↓

<とろうまビーフ>

形状… トレイ
原産国… オーストラリア
香り… バジルのような香草
食べた期間… なし
魔モード中… 食べない

← 100g×24個

「この匂いって香草!?」とパッケージを見ると、やはり「ハーブ」の表記がありました。すごいですね。ちなみに同じようにハーブ表記がある味は『ジューシーチキン』です。

変えた理由

[ 食べなかったから ]
残念ながらロンは苦手な匂いだったようで、スンッと小さく匂い嗅いで去っていきました。それでも以前は食べていた『シーザー』シリーズ。再び魔のモードが発動した際は、ハーブが入っていない他の味を試してみたいと思います。

かなりハーブの匂いが強いフードでした。
好みは分かれるかもしれませんが、ハーブは種類によってワンちゃんの身体に良い効果をもたらすとも言われています。おそらくドッグフードでこの手の匂いを嗅ぐ機会は少ないと思うので、いろんなワンちゃん達の新しい出会いになることは間違いありません。

ドギーマン

ベジコラ(ビーフ)

ジャーキータイプの総合栄養食です。
どんなウェットフードも食べてくれなくなった時、「この際、ジャーキーのようなオヤツで総合栄養食があれば…!」とネットで探してみたところ発見。私は知らなかったのですが、随分前から発売されているようです。探しただけでも2社から発売されていました。

我が家はオヤツにドギーマンの物が多いので、今回はドギーマンのジャーキーを選択。味は2種類(ビーフ・ささみ)ありますが、今回はビーフ(カットタイプ)を購入してみました。

↓画像クリックでamazonへ↓

<ビーフ>

形状… ジャーキー
原産国… 日本
香り… 濃いジャーキー
食べた期間… 5日(停止中)
魔モード中… 食べる

← 150g×3袋

amazonではカットしていないバージョンのみ、まとめ買いできるようです。

↓画像クリックでamazonへ↓

<ビーフ>

形状… ジャーキー
原産国… 日本
香り… 未購入
食べた期間… 試していない
魔モード中… 試していない

← 150g×3袋

下記は我が家で試していない『ササミ味』。こちらはヘルシータイプだそうです。

↓画像クリックでamazonへ↓

<ビーフ>

形状… ジャーキー
原産国… 日本
香り… 未購入
食べた期間… 試していない
魔モード中… 試していない

← 150g×6袋

以下は「ビー・カットタイプ」の情報ですが…、
1本の形は細めの円柱で、4cmくらいの大きさ(約1.7~1.9g)。匂いは完全にジャーキーです!なんとも肉々しい香り。1日分の給与目安は、オヤツであれば体重5kg以下で2~6本・5~11kgで6~12本。総合栄養食としてなら、体重5kg以下で35~125g・5~11kgであれば125~230gと表記されています。

amazonレビューを見ると、断然オヤツとしてあげている方が多いよう。主食にするには少々気が引ける本数になりそうなので納得です。それでもこれは総合栄養食単なるオヤツとは成分が違います。「好きだから」と与えすぎれば当然、栄養過多に!パッケージに記載されている分量はきちんと守りましょう。

変えた理由

[ 食欲が出てきたから ]
1本を取り出して鼻に近づけると、フンフンと匂いを嗅いでパクッ!あっという間に食べました。何も食べてくれなかった時だけに、「食べた~!」と感動!!けれどジャーキー系は腎臓に良くないので、これをメインにするのは…と悩んでいたところ、翌々日くらいから『血小板減少症』の薬の副作用で食欲がグンとUP。現在は『ベジコラ』を停止し、手作り食を与えています。が、再び魔のモードが発動した際の貴重な食べ物であることは間違いなしです!

パクパク食べてくれる様子から、たくさんあげたくなる『ベジコラ』。どんな食べ物でもそうですが、数量オーバーの状態が続くと、いずれワンちゃんの身体に異常が現れます。くれぐれも与えすぎないようご注意ください。もしお腹が減っていそうに見えるのなら、それは少なからず食欲が戻ってきている証拠。『ちゅーる』なら食べられるようになっているかもしれませんよ!『ベジコラ』は給与目安よりも少量にし、『ちゅーる』と併用する方が安心だと思います。

…と、いうわけで。
ここまでが、これまで購入した覚えている限りの総合栄養食レビュー(ロン目線)でした。
ワンちゃんのご飯には、総合栄養食の他に「一般食(冷凍総菜含む)」というものもあります。そちらもたくさんお世話になったので、機会をみて書こうと思います!


ご覧いただきありがとうございました